HOME > 不動産入門 > 建ぺい率と容積率

建ぺい率と容積率

| landfreedom |

「建築基準法」では、建築できる建物の大きさを建ぺい率容積率で規制しています。

建ぺい率とは、建築面積の敷地面積に対する割合のことを言います。
敷地の何%が使えるかを示すもので、各用途地域ごとに制限が定められています。

建築面積のことを「建坪(たてつぼ)」ともいいますが、建物を真上から見たときの水平投影面積で表されます。
2階建ての一戸建て住宅であれば、1階と2階のうちどちらか大きなほうの面積と考えても良いでしょう。

この建築面積が、敷地に対してどの程度の割合を占めるのかを示すのが建ぺい率ということになります。例えば100㎡の敷地に、建築面積が50㎡の建物があれば、その建ぺい率は50%です。

容積率とは、敷地に対して、どれだけの延床面積の建物が建てられるかを示すもので、各用途地域ごとに制限が定められています。
例えば100㎡の敷地に、1階50㎡、2階50㎡、合計100㎡の建物があれば、その容積率は100%となります。

kenpei


http://www.landfreedom.co.jp/
http://www.fudousankaitoriya.com/