HOME > 不動産入門 > 建築面積

建築面積

| landfreedom |

建築面積とは、建物を真上から見たときの水平投影面積のことを言います。

つまり1階より2階の面積が大きい建物の場合は、2階を地面に投影した面積となります。

外壁や柱の中心を基準に算出します。

軒や庇は通常、建築面積に含みませんが、
外壁の中心線から1m以上突き出した場合には、その先端から1m引いた残りの部分のみ建築面積に算入されます。

また玄関久などで、柱を立てた場合、柱の中心で囲まれた部分も建築面積に算入されます。

建築面積は建築基準法により規定されていて、建ぺい率を計算するときの基準に使われます。

建築面積は一般的に「建坪」と同じように使用される場合がありますが、
「建坪」とは1階部分の床面積のことを呼び、厳密には異なります。


http://www.landfreedom.co.jp/
http://www.fudousankaitoriya.com/