HOME > 不動産入門 > 耐震構造

耐震構造

| landfreedom |

一般的な建築物の構造形式には、「耐震構造」「制震構造」「免震構造」の3つがあります。
では、「耐震」「制震」「免震」の特徴とはどのようなものでしょうか?

耐震構造とは

耐震構造とは頑丈な柱・梁(はり)・筋交いなどで建物自体が地震に耐えうる強度で造られている方法です。
阪神・淡路大震災で一定の効果が認められた耐震構造ですが、地震のエネルギー(振動)が直接、建物に伝わるため、制振構造や免震構造に比べ地震の揺れ等で壁や家具の損傷(倒壊など)を受けてしまいます。

比較的、簡易・低コストで施工できることもあり、現在の建てられているビルや戸建て住宅ではこの耐震構造が多くみられます。建築基準法が示す「最低限の基準」も耐震の考え方が基本となっています。

制震構造とは

更に新しい構造形式として制振構造があります。制振構造の特徴は建物にエネルギーを吸収するダンパーを設置するところです。
高層鉄筋コンクリート造の重い建物は各階に、鉄骨造の軽い建物には最上階にダンパーが設置されています。

制振部材が揺れに追従して地震のエネルギーを吸収・消費するため、揺れの大幅な低減はありませんが、建物自体の変形・損傷は比較的少なくなります。

免震構造とは

免震構造とは建物と地盤の間に積層ゴムなどの装置を介入することにより、地盤の揺れを建物に伝えにくくする構造です。
建物が地盤の揺れに対して反作用で移動する(揺れに共振しない)ため、建物自体の揺れだけでなく家具の転倒も少なくなり室内での被害を大幅に減少させます。

resize


http://www.landfreedom.co.jp/
http://www.fudousankaitoriya.com/